独自ドメインの決め方 ~初級者向け~

Web関係

独自ドメインとは

独自ドメインとは

独自ドメインについて

ホームページのデータの置き場である
「サーバー」
「ドメイン」
が揃ってはじめてHPが公開できるようになります。

インターネットのプロバイダやレンタルサーバーでは、契約時にドメインを無償で提供してもらえることがあります。
そのような場合に提供してもらえるドメインは、「レンタルサーバー会社のドメインの中の一つ」という位置づけになります。
イメージ的には、「マンションやビルの一室を借りる」という状態です。

このようなドメインの末尾(トップレベルドメイン)の部分は、レンタルサーバーで決められた部分のものを使用することになり、よく見かける、「〇〇〇〇.com」「〇〇〇〇.jp」といったものが利用できません。

一方、ドメイン取得会社を通じて取得できるオリジナルドメインのことを「独自ドメイン」と呼びます。
独自ドメインにすると、「〇〇〇〇.com」「〇〇〇〇.jp」といったよく見かけるURL表示にすることができます。
こういった場合のイメージは、「一戸建ての家を購入」した状態になります。

違い

  レンタルサーバー提供ドメイン:http://〇〇〇〇.main.jp・・・マンションの号室
  独自ドメイン        :http://〇〇〇〇.com ・・・一戸建て

独自ドメインのメリット

商用利用するサイトにしたい場合は、独自ドメインである「〇〇〇〇.com」を利用したほうが会社名らしく信用性の面でイメージUPします。
また、独自ドメインは、プロバイダ、レンタルサーバーに依存しないため、もし別のサーバーに移転することになっても、サイトアドレスはそのまま使い続けることができるというメリットもあります。
サーバ提供のドメインの場合、移管時にはサイトアドレスの変更が生じるため、それまで使用していたリンクが途切れてしまうため、リンクの修正作業が入るといった手間がかかるようになります。また、サイトアドレスを変更すると、SEO効果も一度落ちてしまう可能性があります。
その他にも、サブドメインをいくつも作成でき、同じジャンルの新しいサイトをつくる場合、新たにドメインを取得する必要性もなくなるといった点や、専用のメールアドレスを使用できます。
独自ドメインは料金がかかりますが、年間費は数千円程度なので、なるべくとっておくようにしましょう。


タイトルとURLをコピーしました